畑 信也のビーチバレー・ファイティング!
明日も雨かな?
この時期になると、天気が晴れているより曇っている方が選手としてはやりやすいんです。
晴れてしまうと気温が上がりホントに倒れてしまいそうなくらい暑くなります。しかも平塚や鵠沼海岸の砂は黒いので光を吸収して砂が熱くなるため足の裏にやけどをしたりします。晴れていると気持ちがいいですが、結構悪条件がたくさんあります。逆に雨が降るとボールは見えにくくなり、滑りやすくなりますが、雨で砂が固まりジャンプしやすくなったり動きが早くなります。選手によってそれぞれですが、砂が堅くなってやりやすくなる選手とそうでない選手もいるので、ホントにビーチバレーは奥が深いです。

端から見てるとあまりわからないと思いますが、場所によっては砂の深さも、質も違うのでその土地その土地で調整をして試合をしなければならないのもビーチの難しさの一つです。

皆さんも一度、浜におりて体験してみて下さい。
d0118072_13245659.jpg


畑信也 オフィシャルサイト

▽管理人が所属するモデルプロダクション
東京都港区のモデル事務所「グランディア」新人モデル募集 女性モデル 男性モデル
[PR]
by shinyahata | 2007-07-13 13:25 | ビーチバレー | Comments(2)
Commented by sa at 2007-07-13 21:22 x
なるほど(ーー;)
普通にアスファルトから砂浜に降りても 最初は歩けませんからね。
足元とられて 時々人間じゃないみたいな動きになります。(笑)
Commented by morino-iluka at 2007-07-13 23:07 x
サーフィンをしてた時 水に入ってないと死にそうに熱くて砂浜に立ってるなんて絶対無理でした   ビーチバレーが流行り始めたとき あんな熱いところでバレーをするなんて熱中症と背中合わせなのに 大丈夫なのかなーって すごい体力なんだろうなーと尊敬してましたよ

足の裏の皮も厚いのかなーなんて いろいろ想像したもんです

16日はもしかしたら台風が通りすぎるかもしれませんね
てるてる坊主作りますね!頑張って!